1.お客様からのご依頼


お問い合わせや製作の依頼をいただいた装置の「自動制御盤」を製作するにあたり、お見積、良いご提案をさせて頂く為に、まずお客様と打ち合わせを行います。

当社は一品物と呼ばれる、1台1台異なるオーダーの装置を作るケースが多いので最初のお打ち合わせが重要になります。

 

2.お見積り


お客様との打ち合わせ、頂いた仕様書や様々な図面から、「制御盤本体」「制御盤部品」「電気図面」「シーケンスソフト」等の値段を算出します。

 

3.お客様との打ち合わせ


受注を頂きますと、制御盤を製作するにあたり不明な点等を無くす為に、詳細な点まで内容をつめるべくお客様とより深く打ち合わせを行います。お客様の要望に沿った製品の仕様をしっかり把握することが最も重要です。

 

4.電気図面作成


仕様書や打ち合わせ内容に基づき「電気図面」を作成します。作成する図面は主に制御盤の外形図・部品図・電気回路図になります。図面完成後お客様より承認を得れば、制御盤の製作を開始します。

 

5.シーケンスソフト


仕様書や打ち合わせ内容に基づき「シーケンスソフト」を作成します。
シーケンスソフトとは機器の動作を司るもので、装置を動かす上で欠かせない、プログラムです。

弊社の場合、機械及び装置の動きを実現する物で最も重点を置いています。機械設計者の構想通りの動きを実現できるよう、詳細にわたり打ち合わせをさせて頂きます。

当初は、構想に忠実に作りあげますが、機械の不具合等が出た場合は、ケースbyケースでフレキシブルな対応を要求されます。

現場でのダメ出しでしっかり動くように対応し、満足のいくソフトを完成させていきます。

 

6.社内機器検査


お客様の仕様書や打ち合わせ内容に基づき制御盤が正常に機能しているかを検査します。

 

7.立会い検査


制御盤、シーケンスソフト等を総合的に確認して頂きます。
ご確認後お客様に「OK」を頂いたのち、制御盤の出荷となります。

 

8.制御盤出荷


製品、付属部品等の出荷に際し、梱包に洩れはないか、キズはつかないか?
輸送途中の障害を考慮し出荷します。

 

9.現地調査・調整


納入場所等の最終確認や製品にキズがないかの確認をします。

 

10.終了処理


変更点や修正点等を図面に反映させ、完成図書としてお客様に提出し終了です。